MENU
作善堂ショップサイトリニューアルオープン!

笠原町のモザイクタイルにゆっくり触れられる場所を提供したい!

2016 3/17
笠原町のモザイクタイルにゆっくり触れられる場所を提供したい!
目次

『モザイクタイル発祥の地』岐阜県多治見市笠原町に元気を!タイル文化を守りたい!2016

↑↑↑今回のプロジェクトの動画です。

※3/18追記
支援の仕方がわからないとご質問をいただきましたので、支援方法をこちらに紹介させて頂きます。

プロジェクトはこちらからです。↓↓

MAKUAKEバナー
[su_carousel source=”media: 14810,14811,14812,14804,14805,14806,14807,14808,14813,14830,14822,14814″ link=”custom” pages=”yes”]

 

 

先日からお伝えしています。笠原町応援プロジェクトについて、

 

このプロジェクトを始めようと思ったきっかけは、お客さんの一言からでした。

作善堂にシンクを買いにいらっしゃったお客さんが、

「モザイクタイルはどこで買えるんですか?」

笠原町はモザイクタイル発祥の地でありながら、一般のお客さんがモザイクタイルに触れられる場所が無いと…

メーカー、商社、業者しか触れられない現状。

モザイクタイルは、笠原町の地場産業として世界中に出荷されています。

一般の方でも、モザイクタイルが欲しいとおっしゃる方は全国にいらっしゃいます。

作善堂でも、無理矢理小さなスペースを作ってタイルクラフトをして頂いたり、

来客11 来客12

お客様がいらっしゃる時だけ、作業机を解放して、モザイクタイルに触れていただいていました。

来客23

 

衰退するモザイクタイル業界

 

昭和30年代あたりから、笠原町のモザイクタイルは建築需要もあり、おおいに賑わいました。

昭和30年代の笠原町

 

ところが、新建材、不景気の影響、中国などの外国製品の普及もあり、徐々に縮小してます。

 

「このままではいけない。」

 

笠原町

地元の、メーカー、商社さんが口を揃えて言います。

 

「なんとかしなくては。」

 

mizunotougyou

 

メーカーさん、商社さんも厳しい状況に手をこまねいています。

 

ある時、ふと気づいたんです。

 

お客さんの言葉を。

「モザイクタイルはどこで買えるんですか?」

 

もっと一般の方にもモザイクタイルに触れられる場所を。

 

作善堂として、笠原町の為になにかできないだろうか?

 

でも、大きな事はできません。

 

そんな時に、クラウンドファンディングを紹介して頂きました。

 

みなさんのお力をお借りして、なにかできれば。

 

お礼として、作善堂からたいへんにお得になるアイテムを提供させて頂きました。

 

■ 大人気のモザイクタイル

1360

leafheart

flowerb

akinngyo

 

 

■ タイル鍋敷き(完成品/タイルクラフトキット)

pink_rosepink_rose_kit

 

 

 たいへんお得な金券

3500チケット6500チケット13500チケット

 

 

■ 永久20%OFFの権利もご用意しました。

作善堂永久20%OFF

 

 

この笠原町応援プロジェクトの期間だけになりますが、みなさんにお届けできればと思います。

 

普段この価格では提供が難しいですが、今回の支援プロジェクトに活かされればと思います。

 

この活動を通して、笠原町が元気になってくれるきっかけになれば。

 

始めます。作善堂として。

 

一歩前へ。

 

何卒、ご協力をお願い致します。

 

プロジェクトはこちらからです。↓↓

MAKUAKEバナー
[su_carousel source=”media: 14810,14811,14812,14804,14805,14806,14807,14808,14813,14830,14822,14814″ link=”custom” pages=”yes”]
※3/18追記
支援の仕方がわからないとご質問をいただきましたので、支援方法をこちらに紹介させて頂きます。

目次
目次
閉じる